くらし情報『ママがいまだに「ハンカチ持った?」…過干渉に対抗する一言とは』

2016年6月14日 12:00

ママがいまだに「ハンカチ持った?」…過干渉に対抗する一言とは

伝書バトの「伝ちゃん」。伝え上手になることを夢見て勉強中。

「コトバが足りない」「うまく説明できず、察してほしいと思ってしまう」そんなアンアン世代に。伝え方ひとつで、がらりと変わる方法をヒット作『伝え方が9割』の著者・佐々木圭一さんが教えます!今回は、こんなお悩みがテーマです。

■ママがいちいちうるさい。私は小学生か!ほっとけ!
家を出るときに「ハンカチもった?」にはじまり、「そんな派手な服着て」「今の彼、ほんとに大丈夫?」と、とにかく干渉してきて。ママは昔からそうで、私が大人になった今も変わらない。しかも毎日だから、うんざり。

「もうほっといてよ!小学生じゃないんだから」

そう言ったら、「あなたのことを思って言ってるの!」と、まったくスタンスを変える気なし。心配してくれるのはありがたいんだけど、その度を越しているんだよな。

■佐々木さんの答えは…
「お母さんがいつまでも口だしする家ほど、嫁に行けないんだって」

お母さんは、「干渉したい」からそうしているのではありません。あなたは求めていないですが、あなたのことを思って言っているのがポイント。それを理解した上で伝えるのです。ほっといてほしいから「ほっといて!」と言っても、お母さんは、「そうしよう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.