くらし情報『学校に馴染めない少女たちが図書室で…謎解き&仕掛けにも注目の短編集』

2021年2月23日 18:20

学校に馴染めない少女たちが図書室で…謎解き&仕掛けにも注目の短編集

相沢沙呼さんの新作『教室に並んだ背表紙』は、中学校の図書室を舞台にした連作短編集。以前にも学校に馴染めない女子中学生たちが登場する『雨の降る日は学校に行かない』が好評だったが、

「その時に保健室の話を2話書いたんです。また同じ雰囲気の連作集を書こうという話になった時に最初に浮かんだのが、図書室でした」

学校に居づらさを感じる少女たちが、図書室で出会う本、人、優しさ。
学校に馴染めない少女たちが図書室で…謎解き&仕掛けにも注目の短編集


収録されているのは6編。図書委員の本好きな女子もいれば、教室に居場所がなくて仕方なく図書室にやってくる少女もいる。全編読めば、生徒同士の意外ながり繋がりも浮かび上がり、楽しめる。

「気をつけたのは、読書が好きな子を中心にはしないこと。本が嫌いな子もいれば、好きでも読むジャンルが偏っている子もいる。バリエーションを出そうと意識しました」

共通点はみな、日常にどこか息苦しさを感じていること。彼女たちに寄りそうのが、しおり先生と呼ばれ慕われている、司書の女性だ。

「特にキャラクターを決めて書き始めたわけではないんですが、たぶん僕の中の司書という存在の理想的な接し方が表れていると思います」

と言うように、さりげなく背中を押してくれる温かい人。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.