くらし情報『古田新太「最初はパッとしない話だなと思ってた(笑)」月影花之丞、18年ぶりの新作!』

2021年3月1日 19:40

古田新太「最初はパッとしない話だなと思ってた(笑)」月影花之丞、18年ぶりの新作!

強烈なキャラクターと、爆発力のある笑いで2度上演され話題となった舞台『花の紅天狗』。演劇への過剰ともいえる愛と、どこまでも高いテンションで突き進む主人公・月影花之丞は、もともと演出家でもある木野花さんの存在ありきで描かれたキャラクター。18年ぶりの新作『月影花之丞大逆転』で、花之丞が大暴れします!?木野さん、そして古田新太さんにお話を伺いました。
古田新太「最初はパッとしない話だなと思ってた(笑)」月影花之丞、18年ぶりの新作!


木野:私、花之丞に関しては複雑な心境です。自分がモデルだと言われても、あまりに人間離れしていてテンションが高くて、役に近づこうとすると頭が真っ白になって段取りがとぶんです。前作の初演も再演も段取りをこなしきれずに悔いが残っていたし、いのうえ(ひでのり)さんも懲りただろうと思っていたら声をかけていただいて。ありがたいけれど、あのテンションの高さと段取りをものにできるか、今度こそ正念場ですね。追いつめられてる最中です。

古田:木野さんって、稽古中のテンションが高まった時の発言とかが面白いんです。昔からの知り合いだったオイラとか高田聖子が、それを面白おかしく喋ってた情報で、(中島)かずきさんとかいのうえさんのなかの木野さん像ができあがっちゃってたから(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.