くらし情報『【洗濯の基本】ドラム式orタテ型、選ぶ基準は? 常備したい洗剤3種とは?』

2021年3月12日 20:10

【洗濯の基本】ドラム式orタテ型、選ぶ基準は? 常備したい洗剤3種とは?

少ない水量でのたたき洗いで汚れを落とすので、衣類の絡まりが少なく、傷みにくいが、自分で水量設定などはできない。設置面積が大きく、洗濯槽の蓋が開く分のスペースも必要になるため、置く場所にはある程度の余裕が必要。

  • 節水性:少ない水量でOKなので、節水性は高い。
  • 洗浄力:洗剤の濃度が濃いので皮脂・油汚れに強い。
  • 乾燥機能:短時間でしっかり乾いて、ゴワつきも少ない。

デイリーユースの洗剤はこの3種類があればOK!

普段着は弱アルカリ性か中性の液体洗剤、白物をシャキッと白くしたいなら粉末洗剤で。デリケートなものや色落ちが気になる場合にはおしゃれ着用中性洗剤。「日常の洗濯はこの3種類でほぼカバーできます。部分洗いの直接塗布、つけ置きなどのアレンジも利きますよ」

常備しておきたい基本の洗剤3種
おしゃれ着用洗剤(中性)【洗うのに適しているもの手洗いするもの】
弱アルカリ性洗剤よりも洗浄力は穏やかで、衣類を傷めにくい。色落ち、縮み、型崩れが気になるアイテムに。

【洗濯の基本】ドラム式orタテ型、選ぶ基準は? 常備したい洗剤3種とは?


すっきり洗って、カタチを整える。エマール リフレッシュグリーンの香り 500ml オープン価格(花王消費者相談室)

普段着用液体洗剤(弱アルカリ性~中性)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.