くらし情報『“オニ”が教えてくれる優しさ 『鬼の子』は「宝物のようなコミック」』

2021年3月15日 19:40

“オニ”が教えてくれる優しさ 『鬼の子』は「宝物のようなコミック」

野球部の練習を眺めていたオニくん。部を辞めたばかりのみのるのあとをついてきて、グラビアモデルのお母さんと3人で暮らすことに。ながしまひろみさんの『鬼の子』は、そんなユニークな設定で始まる。

勇気を持って踏み出す大切さを教えてくれる、オニくんの物語。
“オニ”が教えてくれる優しさ 『鬼の子』は「宝物のようなコミック」


「節分にちなんで“鬼の子が訪ねてきて鍋を囲む”というイラストをSNSに上げたら、わりと反響があって。そこから、もし『桃太郎』のような昔話の中の鬼に子どもがいたら…とキャラクターから連想しました。前作で描いた主人公が小学生の女の子だったので、その子の友だちみたいなイメージがまず浮かびました」

鬼の子であるオニくんは、最初、異端児扱いされる。自分だけにツノがあるのもコンプレックス。小学校でも浮いてしまう。

「私自身も、社会でうまく折り合えている気がしないので、鬼の子どもならなお大変だろうなと」

だが、〈ひとりじゃできないこと、ぼく(略)やりたいです〉と、野球を介して壁を壊し、仲間になっていく。

「野球をさせる、試合はしようくらいは決めていたのですが、展開や結末など深く考えずに始めてしまい、『こうなったら面白いかもしれない』という思いつきの連続でした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.