くらし情報『遠藤憲一、『バイプレイヤーズ』映画化に難色? “元祖”4人のワチャワチャ対談』

2021年3月30日 19:10

遠藤憲一、『バイプレイヤーズ』映画化に難色? “元祖”4人のワチャワチャ対談

顔を合わせるやいなや、ワチャワチャと賑やかに話しだす田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さん、遠藤憲一さんの4人。‘17年にドラマ『バイプレイヤーズ』がスタートし、3作を経てついに映画化が実現。いまや“元祖バイプレイヤーズ”と呼ばれる4人が語る、これまでとこれからに向けた思いとは。

“元祖”が語る『バイプレイヤーズ』。

目次

・“元祖”が語る『バイプレイヤーズ』。
・全員でやる芝居の呼吸が我々の体に染み付いているから。
・100人出すという無謀な試みを実現させただけですごい。
遠藤憲一、『バイプレイヤーズ』映画化に難色? “元祖”4人のワチャワチャ対談


――3作のドラマを経て、ついに映画になりました。映画化に対する思いを伺えますか?

田口:僕らとしては瓢箪から駒ですよ。僕ら…いまこの4人は“元祖バイプレイヤーズ”っていわれているんですけれど、元祖としてはやはり、(大杉)漣さん抜きで新しい『バイプレイヤーズ』というのは作り難い気持ちがあったんです。でも、立ち上げから関わってくださっているプロデューサーさんが挫けることなく、粘り強く「やりましょう」と言い続けてくれたんですよね。そのおかげでいまこうして辿り着けたわけで、本当に感無量ですね。

松重:本当にそうですよね。下北沢のイベントをきっかけに立ち上がった企画が、まさかこんなところにまで連れてきてくれるなんて、です。仕事を続けてきたら、こんなご褒美みたいな作品に関わる機会をいただけて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.