くらし情報『自閉症の息子と父親が命令無視で逃避行…金もあてもない旅で見つけた答え』

2021年3月24日 19:00

自閉症の息子と父親が命令無視で逃避行…金もあてもない旅で見つけた答え

卒業シーズンでもある3月は、別れと旅立ちの季節。過去を振り返り、いろんな思い出に浸っている人も多いのでは?そこで、そんな心境のときにぴったりの注目作がまもなく公開を迎えます。今回オススメしたい珠玉の1本とは……。

『旅立つ息子へ』

目次

・『旅立つ息子へ』
・ニル・ベルグマン監督
・自閉症の施設を訪れるなかで、特別な時間を過ごせた
・自閉症のいろいろな側面をこの映画で描いている
・日本には忘れられない思い出がたくさんある
・2人の選んだ結末に、静かに心が震える!
・愛が詰まった予告編はこちら!
・作品情報
自閉症の息子と父親が命令無視で逃避行…金もあてもない旅で見つけた答え


【映画、ときどき私】 vol. 367

ひとり息子のウリと 2 人で、田舎町にのんびりと暮らしていたアハロン。自閉症スペクトラムを抱えているウリのために、グラフィックデザイナーとしてのキャリアを捨てて、子育てに全人生を捧げてきた。体は大人でも中身は子どものウリ。こだわりが強く世話は焼けるが、息子と過ごす時間は、アハロンにとってかけがえのない幸せな時間だった。

しかし、別居中の妻は、過保護なアハロンの方針に大反対。ウリの自立をサポートするために、全寮制の特別支援施設への入居手続きを進めていた。裁判所の決定に逆らえないアハロンは、喪失感を飲み込んで、息子を施設へと連れていくことになる。しかし、予想外の出来事が起き、2人はあてもない逃避行の旅へと出ることに……。

本国イスラエルのアカデミー賞では主要賞を総ナメにし、世界各国のさまざまな映画祭でも喝采を浴びている本作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.