くらし情報『「小津安二郎から常に学んでいる」日本の巨匠がドイツの名匠に与えた影響』

2021年3月25日 19:30

「小津安二郎から常に学んでいる」日本の巨匠がドイツの名匠に与えた影響

そこで生まれる大きな集中力を見たときに、すごい俳優たちだと感じました。

2人の愛が芽生える瞬間を見てほしい

「小津安二郎から常に学んでいる」日本の巨匠がドイツの名匠に与えた影響


―監督が観客にオススメしたいシーンはありますか?

監督彼女のアパートでプレゼンの練習をしているところがありますが、あのシーンを撮ったときは、夜の素敵な景色も切り取れたので、2人の演技も含めてぜひ見逃してほしくないところですね。

あとは、冒頭で水槽が割れるシーン。ガラスの破片や金魚、海藻などがばーっと散らばり、まるで波打ち際のように水が押し寄せる瞬間に、愛が芽生えるので、僕個人としてもすごく好きなシーンです。

―では、今後はどのような作品を予定されているのか、最後に教えてください。

監督次回作は、炎に関する「火の精」の物語で脚本もほぼできあがっています。ただ、俳優たちが触れ合うようなシーンを撮れるのは、来年になると思うので、撮影は少し先になるかもしれません。舞台はバルト海で、若者のグループがそこで夏を過ごしているのですが、森林火災が発生してしまいます。最初は楽しそうに始まるものの、徐々に彼らの心のなかにも燃え盛る炎があり、最後は……といった感じですね。その次は刑事モノを撮って、さらにその次は大地をテーマにした「地の精」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.