くらし情報『ゾクゾクする…世界的アーティストのミステリアスな話題作、公開!』

2021年4月3日 10:00

ゾクゾクする…世界的アーティストのミステリアスな話題作、公開!

世界で活躍する現代アーティスト、マーク・マンダースの国内美術館初の個展が東京都現代美術館ではじまりました。今にも崩れそうな彫像に、言葉や家具などさまざまな組み合わせからなるオブジェなど、彼の作品はミステリアスでちょっと不気味。いったい、どんな意味があるのでしょう?今回は、作家本人の言葉と一緒に展示作品をご紹介します!

国内美術館で初!

目次

・国内美術館で初!
・展示全体が自画像…!?
・崩れた顔の意味は…
・Information
ゾクゾクする…世界的アーティストのミステリアスな話題作、公開!


【女子的アートナビ】vol. 199

展覧会のタイトルは、『マーク・マンダース ―マーク・マンダースの不在』。国内美術館として初となる今回の個展では、彫刻やドローイングなど33点を展示。本邦初公開となる代表作《夜の庭の光景》と《マインド・スタディ》も見ることができます。

また、本展では作家本人が海外からリモートで展示のディレクションを行い、展示室全体が見ごたえある空間になっています。

マンダースは1968年オランダ生まれ。大学でデザインを学び、現在はベルギーを拠点に活動。欧米各地で個展を開き、現代アートの国際展『ヴェネツィア・ビエンナーレ』にも参加するなど、国際的に高い評価を得ているアーティストです。

展示全体が自画像…!?

ゾクゾクする…世界的アーティストのミステリアスな話題作、公開!


マンダースの作品コンセプトは「建物としての自画像」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.