くらし情報『“避妊”は知ることすら恥? 「日本の女子にも多様な選択肢を」』

2021年4月4日 19:10

“避妊”は知ることすら恥? 「日本の女子にも多様な選択肢を」

ジェンダーにまつわる違和感を見逃さず、行動を起こし始めている人が増えています。無理はしすぎず、等身大に活動する人の言葉に、きっとあなたも背中を押されるはず!ここでは、女性の体を守る幅広い避妊法の提供を目指す、大学院生の福田和子さんにお話を伺いました。

「避妊や自分の性に対して、日本の女子にも選択肢を」
“避妊”は知ることすら恥? 「日本の女子にも多様な選択肢を」


「ジェンダー問題に興味を持ったきっかけは、成人式に花魁の着物を着た女性を見た母が、“なんでハレの日に花魁の格好を…”と言ったことです。その理由が知りたくて江戸時代の遊女文化を調べ、明治、大正、昭和の性産業の歴史、そして今そこで働く女性たちを通し、いつの時代も弱い立場にいる女性ほど脆弱な立場に追いやられ搾取されやすいという社会構造が、ずっと変わらない日本の現実を知りました」

と語るのは、〈#なんでないの プロジェクト〉を通して、日本のリプロダクティブ・ヘルス/ライツにまつわる環境を変えたいと働きかけている、大学院生の福田和子さん。

「その方法を学ぶため、スウェーデンに1年留学をしたのですが、そこで私が見たのは、自分の体やライフステージに合わせて選べる多様な避妊法と、若い世代用の病院の存在、そして若い人たちが国から大切にされているという現状でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.