くらし情報『美しすぎると絶賛!…日本で無名の画家が「世界で高く評価された理由」』

2021年4月12日 19:00

美しすぎると絶賛!…日本で無名の画家が「世界で高く評価された理由」

海外で高い評価を得ている日本画家、渡辺省亭(せいてい)の初の大規模な回顧展が東京藝術大学大学美術館で開かれています。明治から大正にかけて活躍した省亭は、パリでドガや印象派の画家たちとも交流。彼の美しすぎる日本画は、外国の画家たちを驚嘆させました。日本ではほとんど知られていなかった画家の作品と生涯をご紹介します。

海外で高評価!

目次

・海外で高評価!
・絵を教えてもらえず…
・パリで印象派たちを魅了!
・多方面で活躍!
・競争が嫌い?
・ブームが来るかも!
・Information
美しすぎると絶賛!…日本で無名の画家が「世界で高く評価された理由」


【女子的アートナビ】vol. 200

『渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画―』では、日本画家、渡辺省亭(1852-1918)の知られざる全画業を紹介。近年公開されたことのない個人コレクションを中心に、アメリカのメトロポリタン美術館など海外からの里帰り作品も含めた100件以上が公開されています。

省亭は没後国内でほぼ無名であったため、これまで展覧会で紹介される機会が少なかったのですが、1878年のパリ万博への出品などにより海外では高く評価。欧米の名だたる美術館に多数作品が所蔵されています。

では、なぜ日本では知られていなかったのでしょう?彼の画業とともに、その疑問を解き明かしていきます。

絵を教えてもらえず…

美しすぎると絶賛!…日本で無名の画家が「世界で高く評価された理由」


省亭が生まれたのは江戸の神田。画才に目覚め、16歳のとき歴史画家の菊池容斎に入門します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.