くらし情報『今田耕司&霜降り明星・せいや “本当にヤバい人たち”『てれびのおばけ』を舞台で』

2021年4月9日 21:10

今田耕司&霜降り明星・せいや “本当にヤバい人たち”『てれびのおばけ』を舞台で

今田耕司さんが、放送作家の鈴木おさむさんとタッグを組み、2008年よりライフワークとして続ける演劇シリーズ。今年、約3年半ぶりの公演となる第7弾『てれびのおばけ』が開催される。過去には、千原ジュニア、堀内健など数々のお笑い芸人仲間と共演。今回、W主演として迎えたのは、若手の中で最も勢いのあるコンビ、霜降り明星のせいやさんだ。芸歴が20年以上も違う二人。物語も、現代と1980年代それぞれの“テレビを作る人たち”を描く。ジェネレーションの違いが、どのように物語を動かすのか?

現代と’80年代、2つの時代が交錯し、テレビのリアリティを描き出す。
今田耕司&霜降り明星・せいや “本当にヤバい人たち”『てれびのおばけ』を舞台で


――今田さんとせいやさんという組み合わせが意外でした。

今田:面白いですよね。おさむさんから「せいやとやるというのはどうですか?」と提案されて、最初は驚きましたけど、ええんちゃう?と。まあ、大阪で一緒に番組もやっているし、知らない仲ではないので。真面目なのもセリフの覚えがいいのも知ってますから、安心感はあります。ただ自分が下だと考えると、僕が(桂)文枝師匠と本気の舞台をやるようなもの。しかも、せいやはこれが(演劇では)初舞台なんやろ?

せいや:そうなんです!最初、マネージャーさんから「舞台の依頼が来てるよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.