くらし情報『オンライン、聞き取りづらいときはどうする? 対話力UPの5つのポイント』

2021年4月17日 18:10

オンライン、聞き取りづらいときはどうする? 対話力UPの5つのポイント

幅広いシーンでオンラインツールが活用されるようになり、非対面でのコミュニケーションが日常となっている昨今。次に繋がる対話力を身につけ、「この人ともっと話したい」と思われることができれば、距離はグッと縮まる。対話力のみならず、細かい気配りができる人も好感を持ってもらいやすい。そこでここでは、“対話”に注目した“オンラインの印象強化法”について、人材育成コンサルタント・片桐あいさんが伝授!

1、「さん」と名前で呼びかけて質問する。
オンライン、聞き取りづらいときはどうする? 対話力UPの5つのポイント


質問をする時は、誰に問いかけているのかを明確にするために、名前を呼ぶのは、オンラインの基本。「名前を呼ぶ行為には、呼ばれた側に特別感が生まれるというメリットがあります。加えて、その場に“参加している”という自覚を促す効果も。個人的な話をするのが苦手な人に対しては、先に自分の話をして。相手にとって共感するポイントがあれば、話を引き出しやすく、また親近感を持ってもらいやすくなります。問いつめないよう口調に注意!」

2、聞き取れなかったら「回線のせい」にして、あいまいなままにしない。
相手の声が聞き取りづらかったり、回線が途切れたりするのは、オンライン上ではよくあること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.