くらし情報『「大丈夫です」「させていただきます」はNG? 気を付けたい言い回し6選』

2021年4月18日 20:40

「大丈夫です」「させていただきます」はNG? 気を付けたい言い回し6選

日常会話でよく使う言葉の中には、意味が曖昧だったり、ネガティブな印象を与えたりして、相手を不快にさせてしまうものも。ピリつき回避には、正しい使い方を理解するのが不可欠。ついつい使いがちな言い回しや口グセの正しい用法をマスターしましょう!

間違えがちな言い回し

1、大丈夫
「大丈夫です」+意思表示の言葉をつける。

「大丈夫です」「させていただきます」はNG? 気を付けたい言い回し6選


「大丈夫」は、本来、頑丈で安心できる様子を表す言葉。

「そこから転じて、『わかりました』『できます』という意味でも使われるようになりました。ところが近年、とくに若い人たちの間で『必要ありません』など否定の意味で使われるケースが増えています。キツい印象が和らぐような感じがするからだと思いますが、こういうどちらとも取れる言葉は、相手と意思疎通するうえで誤解が生じやすい。たとえば何か頼まれた時『大丈夫です』の後にできるかできないか、意思を明らかにする言葉をつけると、間違いないでしょう」(メンタルアップマネージャ・大野萌子さん)

正しい用法
Aさん:「日までにできる?」
Bさん:「大丈夫です、できます」

2、すみません
齟齬を避けるため明確な言葉に置き換えよう。

これも「大丈夫」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.