くらし情報『U-23代表のイケメン! スポーツ観戦で幸福度も高まる?』

2016年7月13日 08:00

U-23代表のイケメン! スポーツ観戦で幸福度も高まる?

おおしま・りょうた’93年、静岡県生まれ。川崎フロンターレ所属のMF。「柔よく剛を制す」は、高校時代の監督に言われて以来、ずっと大切にしている言葉。

フィールドでひときわ輝く彼を見ると、幸せ感が一気に急上昇!実際、スポーツ観戦をして感動を共有することは、幸福度アップに繋がるのだそう。早稲田大学スポーツ科学学術院助教の押見大地さんに詳しくお話しを伺いました。

「幸福感は、物理的消費や経験的消費から生まれます。スポーツ観戦は後者で、経験が横に広がり、人とのコミュニケーションが増えることでより幸せになれるんです」(早稲田大学助教・押見大地さん)

例えば、同じユニフォームを着て応援したり、会場で知らない人たちと共感することも経験のひとつ。経験から生まれた幸福感は、物理的消費からの幸福感に比べ、長く持続するという研究結果もあるそう。

「スポーツ観戦が他のエンターテインメントと大きく違う部分が、不確実性。ハラハラドキドキしている最中、人間は緊張状態になります。良い結果が出てこの緊張が緩和されるとそれが感動へと繋がる。マイナスからプラスへ、一気に感情が動くことで幸福度が高まるのです」

さらに感動経験には私たちをポジティブ思考にしてくれる効果があり、特に一体感を感じられるスポーツ観戦にはその要素が多い。また熱狂度に比例して幸福度も上がるそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.