くらし情報『大泉洋「もう、親に謝ってもらうしかない」“非常事態”鈴井の巣エピソードとは?』

2021年5月17日 20:10

大泉洋「もう、親に謝ってもらうしかない」“非常事態”鈴井の巣エピソードとは?

人生の先輩であるTEAM NACSに人生相談!『anan』読者から寄せられた小さな“困った”をどう解決すべきか、5人にゆるく答えていただきました。
大泉洋「もう、親に謝ってもらうしかない」“非常事態”鈴井の巣エピソードとは?


現実逃避
やるべき仕事が山積みになり手に負えない量になると、頭がフリーズしてしまい、現実から逃れるためにゲームとかをやりはじめてしまいます。どうしたら真人間になれるでしょうか。(31歳・出版)

戸次重幸:ゲームを捨てましょう。次!

森崎博之:確かに安田はスルースキルが高いよな。いつもどうしてるの?:でも、ゲームとかをやりながらも結局、仕事をきちんとこなしてきたんでしょう?才能がある素晴らしい人ですよ。“夏休みの最終日パワー”をずっと持っている人。

大泉洋:これはもう性格だから仕方がないと思いますよ?自分の中で、ギリギリ間に合う時間を計算しちゃっているから。直らないですよ。2時間で終わるな、と思ったら、残り2時間まで遊んじゃうタイプですね。

音尾琢真:大泉さんタイプですね。

大泉:この台本、あと1日で書ける、と思ったら、それまでは遊びまくりますから(笑)。

音尾:いや、でも結局、間に合わないじゃないですか。

大泉:そういう時はもう、父親に謝ってもらえばいいですから(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.