くらし情報『自己肯定感を高めなくてもいい!? 戸次重幸が心理カウンセラーに質問』

2021年5月15日 21:10

自己肯定感を高めなくてもいい!? 戸次重幸が心理カウンセラーに質問

それが経験や環境で変化していく。

戸次:生まれた時から自分を嫌いな人なんていないですよね。でも、人と比較したりすることで至らないなと思うようになっていく。

山根:人間は、“これはこれに比べてこうだ”と比較することでしか物事を把握できません。幸せを感じる時も、無意識に誰かと比較していたりするんです。

戸次:羨むことはしんどいです。

山根:たとえばSNSで、友だちが高級なお店で美味しいものを食べている写真を見て羨ましいと思うとします。この時、ただ、「羨ましい!」で終わらせるのではなく、なぜそう思うのかを考え、自分の本心を探ることが楽になるカギです。友だちに向いていた矢印が自分へと向き、比較する状態から解放されます。

戸次:いま比較しているんだと気づくだけでも楽になれそうですね。

山根:あと、嫉妬は、“自分でも同じことができる”と思っているからこそ感じるもの。それを覚えておくと生きやすくなるはずです。僕は、壮大な壁画を描く画家には嫉妬しないけど、戸次さんが心理カウンセラー的な仕事を始めたら悔しくなると思います(笑)。

戸次:今、腑に落ちました。トム・クルーズに嫉妬しない理由がわかりましたよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.