くらし情報『“前のめり”な姿勢が大事! 仕事のルーティンを新鮮にするワザ』

2016年7月16日 12:00

“前のめり”な姿勢が大事! 仕事のルーティンを新鮮にするワザ

当たり前の仕事をそのままこなさない、前のめりな姿勢が大事。

仕事での「つまらない」「やる気が出ない」という悩みを解消するにはどうすればいいのでしょうか。

日々のルーティンを新鮮に、面白くしてくれるのは、自分の仕事を広い目で見る「横軸俯瞰」や、「前のめり思考」などの、ちょっとした行動&発想法。今回は、カウンセラーの村松奈美さんと、『わたしらしく働く!』の著書がある、文筆家の服部みれいさんが、仕事を充実させるためのヒントを教えてくれました。

■当たり前の仕事をそのままこなさない。
つまらない仕事ばかり任される上に、評価が低くて不満…。そんな悩みに服部さんは、「“当たり前”の仕事こそ、前のめりになってやってみて」と、アドバイス。例えば資料整理などの一見単純な仕事も、最高のクオリティで仕上げる。お茶くみなら、他の人が真似できないおいしさを追求する。「ポイントは見返りを求めず、自分の中だけでまずは面白がり、達成感を得ること。一度このランナーズハイならぬ仕事ハイの幸福感を味わうとどんな仕事もおろそかにしなくなるし、結果的に、周りもそういう人材に小さな仕事ばかりを任せてはおきません」

■この仕事、意味があるの…?悩んだら、「横軸」に注目を。
目の前の仕事に追われ、キャリアなんて考えているヒマがない…と悩む人に村松さんが勧めるのは、次の方法。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.