くらし情報『あのグーグルも取り入れた! 幸せを掴む「マインドフルネス」とは』

あのグーグルも取り入れた! 幸せを掴む「マインドフルネス」とは

2016年7月16日 20:00
 

関連リンク

・Nissy、初の東京ドーム2daysで感謝の涙 スヌーピーらUSJキャラも登場し5万人熱狂
・C・イーストウッドの息子・スコット 日本満喫もカラオケは残念な腕前?
・国分太一 山口達也のお酒での通院認める、本人は依存症否定
浄土宗光琳寺副住職の井上広法さんと、マインドフルネス&ヨーガネットワーク主宰の山口伊久子さん。

ストレスケアやひらめき力の向上を狙って、グーグルなどの世界的な企業も研修に取り入れているマインドフルネス。そのメソッドに精通している、浄土宗光琳寺副住職の井上広法さんと、マインドフルネス・ヨガ講師の山口伊久子さんが実践法を教えてくれました。

■マインドフルネスって何のこと?
→今この瞬間に心を寄せありのままを観ること。

井上:マインドフルネスは、ごく最近に考えられた新しいメソッドだと思われることがよくあるのですが、実は、2500年前に生まれたブッダの教えがベース。

山口:ヨガの根本の考えにも多くの点で共通するところがあります。

井上:その仏教やヨガが、原点に気づき始めたきっかけでもあるのが、マインドフルネスなんです。

山口:学会の定義は、「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」。ありのままの今の自分に意識を向けることなんですよね。

井上:そう、現代社会は、情報が多くて、いつもあちこちに考えが飛んで、今がおざなりになりがち。けれど、今を重視することができれば、ここぞというときに最大限のパワーを注ぎ込める。世界の企業が目をつけているのも、そこなんです。

山口:今この瞬間に起こっていることに意識を向けると、自分のネガティブな感情とも折り合いがつくので、ストレスとの向き合い方も変わってきます。

井上:例えば、嫌なことがあっても、ありのままの状況判断ができ、悪い想像が膨らまない。すると、辛さの本当の原因ときちんと向き合える余裕が生まれるんです。

山口:嫌なことはなくそうとしても次から次に生まれるものです。そういう自分が存在することを認めてあげることでもあります。

井上:さらに、身の回りのことがよく見えて整理がつくようにも。マインドフルネスを始めると、必要なものがはっきり取捨選択できるので、より心地よい生活や環境へ整えたくなる人が多いようです。

■どうして幸せに繋がるの?
→すべての体験の充実感が増すからです。

井上:今に意識を向けることができるようになると、まず、それまで見過ごしていた小さなことにも気づけるようになりますよね。

山口:お茶を飲む行為ひとつとっても、動作や感覚を丁寧に観察してみると、体がどう感じ、心がどう受け止めているかに気づき、いたわることができるように。井上:自分と同じように、他者に対しても目を向けるようになって心遣いできるようになり、人間関係が良好になります。

山口:マインドフルネスを得ることで、いろんなことに対して思いやりや好奇心が持てるのです。

井上:そうすると、いつもやっていることで満足でき、そこに幸せを見出すことができます。既に物質的に満たされている日本人は、もう、物を補うことでは幸せを感じられない。とすれば、時代に見合った幸せの見つけ方のひとつではないかと思います。

■どうすればできる?
→考え方次第で、日常で実践できます。

井上:方法としては、浮かんだ考えをそのまま流して、今に引き戻す、瞑想が定番としてあります。

山口:いつもの行動も意識して行えば、マインドフルネスのトレーニングになります。以前、職場で嫌なことがあったときにトイレに行き、ただ歯を磨くということに意識を向けて呼吸とともに行うことをしていたのですが、それだけで自然に冷静になってきました。まさにそういうことです。

井上:ほかにも、普段の生活で取り入れられるチャンスはたくさんあります。ひとつの食べ物をじっくり味わってみる、家事を丁寧に行ってみる、通勤時間の姿勢に目を向けてみるなど。

山口:言葉で言うと難しく聞こえるかもしれませんが、まずは、実践してみることが肝心です。自分に合った方法を選んで、試してみてください。

井上広法さん浄土宗光琳寺副住職。テレビ出演のほか、お坊さんのQ&Aサイト「hasunoha」主宰として活動。著書に『心理学を学んだお坊さんの幸せに満たされる練習』(永岡書店)が。

山口伊久子さんマインドフルネス&ヨーガネットワーク(http://mindfulness-yoga.jp)主宰。マインドフルネス瞑想やヨガの講座を開催。日本マインドフルネス学会理事。http://mindfulness.jp.net/

※『anan』2016年7月20日号より。写真・小笠原真紀取材、文・小林良子

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.