くらし情報『コンドルズ・近藤良平「“あつ森”を手に入れたような…」さいたま芸術劇場の監督に!』

2021年5月28日 21:10

コンドルズ・近藤良平「“あつ森”を手に入れたような…」さいたま芸術劇場の監督に!

芸術監督という肩書を聞くと、なんだかとっても堅苦しい雰囲気が漂う。しかも公共劇場のだ。イメージとしては、高価そうな椅子に深々と腰掛けて立派なデスクでハンコをついているような。しかし、彩の国さいたま芸術劇場の次期芸術監督である近藤良平さんときたら、ちょっとユニークな帽子をかぶって飄々とした足取りで取材現場に現れ、カメラの前でファニーなポーズをとってみせた。こんな人が芸術監督を務める劇場は、さぞや面白いものになるに違いない。
コンドルズ・近藤良平「“あつ森”を手に入れたような…」さいたま芸術劇場の監督に!


――近藤さんが次期芸術監督だと聞いた時、正直、驚きました。

僕もびっくりでした(笑)。そもそも芸術監督とは何ぞやってところからで、辞書にも求人情報誌にも載ってないし、それを自分がやるっていうことに違和感があったし。ただ、いま僕がやっている振付とか演出とか、舞台を創るってこと自体、最初はよくわからないままスタートしたわけで、それなら芸術監督もやっていいのかなって。少し前まで、こういう場所に名前が挙がるのって、戦後のモダンダンスを導いた諸先輩たちとか日本舞踊史を研究している大学の先生とかだったりしたと思うんです。でも周りを見ると、長塚圭史がKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督になったりしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.