くらし情報『アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り』

2021年6月5日 19:00

アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り

、キリギリスの紀伊守、ヒグラシの備中守が恋のバトルを繰り広げます。

美しい着物を身につけた虫たちが描かれているのですが、よく見ると顔はネズミのような動物顔で、なんともユニーク。優美な絵巻とゆるいストーリーのギャップに、アメリカ人もしびれたかもしれません。

貴重な写楽や北斎も!

アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り


続く「第4章琳派」では、酒井抱一や鈴木其一などの絵画、「第5章浮世絵」では喜多川歌麿や東洲斎写楽、葛飾北斎などの錦絵、さらに「第6章日本の文人画<南画>」では与謝蕪村の掛け軸などを展示。特に写楽の作品は保存状態のよいものがあり、見ごたえがあります。

若冲や渡辺省亭もあります!

アメリカ人が日本画にしびれた! 江戸の人気絵師たちの超ハイレベルな作品が里帰り


また、「画壇の革新者たち」と題した第7章では、18世紀に活躍した人気絵師、伊藤若冲の質の高い作品を3点展示。

最後の「第8章幕末から近代へ」に行くと、大正時代までの作品が登場し、今話題の画家、渡辺省亭の作品も展示されています。

アメリカで大事に保管されてきた日本美術の里帰りとなる本展は、サントリー美術館のあと福島県立美術館、滋賀・MIHO MUSEUMほかに巡回予定です。ぜひお見逃しなく!

Information

会期:~6月27日(日)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.