くらし情報『鏡リュウジが占う! 2021年後半、転機をもたらす“日食・月食デー”』

2021年6月13日 21:10

鏡リュウジが占う! 2021年後半、転機をもたらす“日食・月食デー”

この日食観測の体験から、僕は部分日食や金環食、月食まで「食」が占星術上とても重要なものだと改めて認識することになったのでした。

とはいえ、日食や月食そのものはさほど珍しいものではありません。実はたびたび、一年のうちでは数度、起こっている現象です。

ただ、日食や月食が実際に観測できる地域(食帯といいます)は限られているので、例えば日本で体験できる皆既日食、となるとそれは大変レアな機会だということになるわけです。その地域で実際に観測できる食はもちろん、最も重要になりますが、観測できない食も占星術では重要なキーになります。

太陽や月の光が欠ける「食」は一般的には凶兆だとされることが多いようです。

確かにそうした面はあるのですが、しかし、実際には人生を大きく拓くこともあるのです。

日食は太陽と月がぴったり重なる「新月」の、そして月食は太陽と月が向き合う「満月」の特別バージョンとなります。新月や満月と同じように、日々の生活の一つの大きな区切りや節目、意識の持ち方を変化させるきっかけを象徴すると考えればいいでしょう。

2021年下半期に起こる日食と月食

金環日食:6月10日
双子座での金環日食が告げる、情報との関わり方とその見直し。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.