くらし情報『MONO NO AWARE、新アルバムは「ありのままでいることの価値観」にフォーカス』

2021年6月15日 22:10

MONO NO AWARE、新アルバムは「ありのままでいることの価値観」にフォーカス

MONO NO AWAREの曲を初めて聴いた時、セオリーにとらわれない自由な音の奏で方と、言葉使いのセンスが独特なバンドだなと感じた。ニューアルバム『行列のできる方舟』を聴いて、ますます“こんなバンド、他にいない感”が強まり、嬉しくなった。

みんなのありのままの心境を音楽として言語化したかった。
MONO NO AWARE、新アルバムは「ありのままでいることの価値観」にフォーカス


「3作目までは人間の優しい面を曲にして、優しい人コミュニティをつくる感覚でしたけど、それが前回の『かけがえのないもの』で完成した気がしていました。今回はそれよりみんなが実は、抱えてるありのままの心境を言語化できないかな、と思ったのが制作のスタートでした」と話すのは、全曲の歌詞を手がける玉置周啓(Vo&Gt)さん。メンバー4人は熱いメッセージを投げかけるバンドを聴いてきた世代だと思うけど、その影響は本作でも希薄。それが彼らの個性でもあるのだけど。

「みんな頑張っていこう!ではなく、言語化できないもの、微妙な心境をどう詰めていくかを、考えていますね。もともと内気な4人なので、その心の内が音楽にも絶妙に出ていると思う。明るい気持ちで頑張ろう、という提示は、そもそもしていないです」(加藤成順・Gt)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.