くらし情報『3本足の“しじみ”が「お尻叩いて」アピール クリエイターと猫の物語』

2021年6月21日 18:10

3本足の“しじみ”が「お尻叩いて」アピール クリエイターと猫の物語

特別なことなんてないのに、不思議と刺激的な猫との暮らし。そんな日々を楽しむ、話題のクリエイター、天道グミさんにお話を聞きました。

【しじみ】しじみは私にとって「心の栄養」です。

漫画家の天道グミさんが自身のツイッターでアップし、話題になっている漫画『3本足のしじみちゃん』。その主人公であるしじみちゃんは、天道さんが3年前から一緒に暮らしている愛猫。野良猫時代に虐待に遭い、右前脚を切断しているため3本足となった。

「人間にひどいことをされているのに、しじみはすごく人懐っこいんです。保護猫カフェで初めて会った時も、すぐに膝の上に乗ってきて。トライアルで家にやってきた時も、すぐにお尻を叩いてくれとアピールして、なじむのが早かったんですよね(笑)」

今でも、隙あらばお尻を向けて「叩いて」とおねだりする姿は、もはやしじみちゃんの代名詞として定着。実は一時期、漫画を見ることも描くこともできなかった天道さんも、しじみちゃんとふれ合ううちに、少しずつ創作意欲を取り戻していったのだとか。

「大人になると、普通に暮らしていてゲラゲラ笑うことってなかなかないけれど、しじみと暮らしていると思わず笑っちゃうことがたくさんあるんですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.