くらし情報『『PUI PUI モルカー』監督、「心が無になった」ことも!? コマ撮りアニメ秘話』

2021年6月21日 19:10

『PUI PUI モルカー』監督、「心が無になった」ことも!? コマ撮りアニメ秘話

もしもモルモットが車だったら…。そんな自由な発想から、誕生したストップモーションアニメ『PUI PUI モルカー』。今年の1~3月、日本のみならず台湾など世界をも魅了しましたが、この素敵な作品を作ったのが、見里朝希監督。編集部からのラブコールに応えていただき、貴重なインタビューが実現しました!

車でもあり生き物でもある。だからモルカーはおもしろい。
『PUI PUI モルカー』監督、「心が無になった」ことも!? コマ撮りアニメ秘話


幼い頃に「カートゥーンネットワーク」を通じて海外のアニメーションに触れ、美大で2D(作画)のアニメを制作。その後ストップモーションアニメに魅了され、大学院の修了制作のアニメ作品が、さまざまな映画賞で高評価を受けました。それがきっかけで『PUI PUI モルカー』の制作につながったという監督の見里朝希さん。「コマ撮りのアニメは、“感覚的に作れる”から、自分に合っている」と語る監督に、アニメのこと、大好きなモルモットのことなどを、根掘り葉掘り伺いました。

――ストップモーションアニメに興味を持ったのは、いつですか?

もともと絵を描くのが好きで、その勉強をするために美大に行ったんですが、徐々にアニメに関心を持つようになり、在学中に友達と企画したグループ展で、自分のくせ毛の苦労をテーマにした2Dのアニメを制作したんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.