くらし情報『板橋駿谷が「世の中で一番面白い」と話す舞台に帰ってくる!』

2021年6月20日 22:10

板橋駿谷が「世の中で一番面白い」と話す舞台に帰ってくる!

2019年、NHK連続テレビ小説『なつぞら』で当時34歳にして高校生の番長役で話題を集めてからというもの、立て続けに注目作に登場し、現在は大河ドラマ『青天を衝け』にも出演中の俳優・板橋駿谷さん。

劇団ロロに旗揚げから参加し、小劇場界では圧倒的な存在を確立する彼だが、この2年間、舞台でその姿を見ることはなかった。今回ロロいつ高シリーズファイナルvol.9『ほつれる水面で縫われたぐるみ』vol.10『とぶ』に出演する。

久々の舞台出演は、俺が世の中で一番面白いと思う舞台。
板橋駿谷が「世の中で一番面白い」と話す舞台に帰ってくる!


「役者だけで飯を食えるようになることが目標だったんですが、舞台だけを続けても今までと変わらない。『なつぞら』で世の中に自分の名前を知ってもらったタイミングで映像のお話を次々といただいたので、映像に専念してとことんやろうと決めて、2年間舞台を休んでいました」

34歳で訪れた初めての波。映画『SR サイタマノラッパーロードサイドの逃亡者』(’12年公開)などの映画の現場での下積み時代も今につながっている。

「俺は人よりも成長が遅いので、一個一個石を置いて進んでいかないと不安になってしまう。30過ぎてやっと、自分には才能がないんだと痛感して。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.