くらし情報『今はまだ「知ろうとする人にしか届かない」? リプロダクティブ・ヘルスを考える』

2021年7月10日 21:10

今はまだ「知ろうとする人にしか届かない」? リプロダクティブ・ヘルスを考える

自分の体と相手の体を重ね合うセックス。もっと充実した時間を過ごすためには、自分の体について深く知ることが必要です。今、きちんと知りたい“私たちのリプロダクティブ・ヘルス”について、性教育YouTuber・シオリーヌさん、思春期保健相談士・にじいろさんにお話を伺いました。

目次

・リプロダクティブ・ヘルスとは?
・最近の動画の感想に、みなさんの意識の変化を感じています。
・知識を得ることで、より自分らしく自由に生きられる。
今はまだ「知ろうとする人にしか届かない」? リプロダクティブ・ヘルスを考える


リプロダクティブ・ヘルスとは?

【性と生殖に関する健康】
広辞苑には「安全な性生活を営む権利が女性に認められるべきだとする理念」という記載も。1994年カイロで開催された国際人口開発会議で提唱された概念で、日本では「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」と、“生殖に関する自由”を持つ権利とともに語られることが多い。

最近の動画の感想に、みなさんの意識の変化を感じています。

2年半ほど前から生理や避妊などにまつわる情報を扱う動画の配信を始めた、助産師で、性教育YouTuberのシオリーヌさん。

「開始当初は、“女性が顔を出し、性の話をおおっぴらにするなんて…”みたいな反応がすごく多かった。でも最近は、“大事なことですよね”とか、“これを見て婦人科に行きました”“彼女のために勉強しようと思います”など、いただくコメントが変わってきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.