くらし情報『多様性を受け入れるきっかけに? “ジェンダーレスな関係”を描いたドラマ&漫画』

2021年7月18日 22:10

多様性を受け入れるきっかけに? “ジェンダーレスな関係”を描いたドラマ&漫画

性別や間柄にとらわれない“ジェンダーレスな関係”を描いたエンタメ作品の数々。ラジオパーソナリティ・キニマンス塚本ニキさんが教えてくれました!

自分らしくいるために多様な関係性を読み解く。
「2015年にアメリカ全土で同性婚が認められたことで、日本でもLGBTなど、多様な性について考えられるようになりましたが、まだまだ新しい価値観を受け入れるのは容易なことではないと思う。だからジェンダーやさまざまな価値観の違いを描いた作品を通して、自分ごと化して、理解を深めてほしい」とキニマンス塚本ニキさん。

また多様な関係性を認めると、自分らしくいられることに繋がる場合も。

「たとえばドアマンと住民、店員と客といった、恋人や友人のような間柄を表す言葉は存在しないけれど、何気ない日常の中で育まれたフラットな関係に一つの関係性を見出すと、人生が豊かになることもあります」

自由を望む女性の幸せを追い求める姿がリアル。
ドラマ:『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』

多様性を受け入れるきっかけに? “ジェンダーレスな関係”を描いたドラマ&漫画


鬼才スパイク・リー監督の初期の傑作をリメイク。芸術家のノーラには、タイプの違う3人の恋人がいて…。「3人との関係が心の拠り所になっている一方で、自分のキャリアや黒人女性としてのアイデンティティなど、葛藤や悩みが描かれ、自由で縛られない生き方について考えさせられる作品」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.