くらし情報『将棋×ミステリー “夢”を見ることの希望と闇を描く、小説『神の悪手』』

2021年7月27日 22:10

将棋×ミステリー “夢”を見ることの希望と闇を描く、小説『神の悪手』

「将棋に興味を持ったきっかけは、奨励会の存在を知ったことです」

芦沢央さんの『神の悪手』は将棋をモチーフにしたミステリー集だ。奨励会とはプロ棋士の養成機関。入るだけでも狭き門だが、そこからプロになれるのはごくわずか。しかも原則満26歳までの年齢制限もある。

夢を見ることのダークサイドと夢だけが与えてくれる一筋の希望と。
将棋×ミステリー “夢”を見ることの希望と闇を描く、小説『神の悪手』


「“夢”はポジティブに語られることが多いけれど、夢に食い潰されるという恐ろしさもあるのではないかと。私の『書く動機』の核に、怖いものを見つめたい、恐ろしいものの正体を知りたいというのがあるんですよね(笑)。余計に惹かれました」

書くと決めてから将棋教室に通い、棋書を読み、詰め将棋にも熱中した。それまでは駒の動かし方さえ知らなかった、と言うから恐れ入る。

「せっかく将棋の小説を書くなら、勝負の世界であればスポーツとかに置き換えても成立する話にはしたくなかったんですね。あるとき『同じ棋譜はふたつとない』という特性を活かしたトリックが浮かんで、依頼されてもいないうちに表題作を書き上げてしまった。こんな体験は、作家生活10年で初めてです」

各編とも棋士や将棋世界と関わる人々が主役。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.