くらし情報『12歳で韓国大手事務所に…トリリンガルシンガー・NOA「音楽の国境はそこまで高くない」』

2021年7月29日 20:10

12歳で韓国大手事務所に…トリリンガルシンガー・NOA「音楽の国境はそこまで高くない」

日本語、英語、韓国語を操り、3か国語をミックスした曲作りを行うシンガーソングライターのNOAさん。’20年1月のデビュー以来、日本のみならず、韓国、タイやインドネシアなど、ファン層はグローバルに広がっている。

音楽の国境はそこまで高くないと思っている。
12歳で韓国大手事務所に…トリリンガルシンガー・NOA「音楽の国境はそこまで高くない」


「海外の方にも僕の曲を聴いてもらいたいという想いから、日本語だけでなく、英語、ハングルも使って詞を書いているんです。もともと洋楽が好きなので、曲作りにはそういった普段から聴いている音楽の影響もあると思います」

デビュー以前、12歳の時に韓国に渡り、大手事務所で7年間、練習生をしていたという経歴を持つNOAさん。その時に得たことが、今の活動にもつながっている。

「作詞作曲は、韓国の事務所に入ってから本格的に始めました。周りにも曲を作っている練習生がいたので、共同制作みたいな感じで毎日やっていたんです。ファンの方とのコミュニケーションの仕方も、韓国でたくさん学びました。インスタライブで質問に答えるなどのフランクな交流は、自分がリスナーだった頃、アーティストさんにしてもらって嬉しかったことでもあるので、今は僕がそれをお返ししているような感覚です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.