くらし情報『デビュー作でいきなり芥川賞候補の崔実“グループ行動が苦手だった”過去』

2016年8月26日 22:00

デビュー作でいきなり芥川賞候補の崔実“グループ行動が苦手だった”過去

オレゴン州の高校を退学になりそうなジニ。過去、日本で彼女に一体何があったのか、そして今後どうするのか。鮮烈な群像新人文学賞受賞作。講談社1300円

群像新人文学賞を受賞して雑誌に掲載された時からすでに話題を集め、いきなり芥川賞候補にもなった『ジニのパズル』。これがデビュー作となる崔実(チェシル)さんは1985年生まれ。

「はじめて小説を書いたのは22~23歳の時。それまでは映画の脚本を書いていましたが、脚本ではその人が頭で考えていることが書けない。小説なら表現できると思ったんです」

翌年もう一作書き、その後、絵本なども書いたものの小説作品は『ジニのパズル』が3作目。

「29歳になった時、映画学校の仲間たちと“村上春樹は30歳でデビューした”と話していたのを思い出し、自分も何かやらなきゃと思いました。それまでは自分が在日であることをテーマにするのは簡単すぎるからと避けてきましたが、30歳になる時に自分の過去をおさらいしておこうと思い、はじめて小説に書きました」

主人公はオレゴン州の高校を退学になりそうなジニ。日本の小学校から朝鮮学校の中学に進み、その後ハワイへ移り、今はオレゴンにいる彼女に、これまで何があったのか―。

「朝鮮学校やハワイ、オレゴンという流れは私の体験と同じですが、私の場合は親任せでした。ジニは自分の意思で行動していますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.