くらし情報『水圧でツボ押し効果も!? 睡眠の質を上げる、理想的な“シャワー”の浴び方』

2021年9月5日 20:10

水圧でツボ押し効果も!? 睡眠の質を上げる、理想的な“シャワー”の浴び方

睡眠の質を底上げ!ぐっすり眠れるお風呂の入り方とは?ここでは、シャワー派が押さえておきたいポイントをご紹介します。

シャワーで効率的に温めるコツをマスター。
水圧でツボ押し効果も!? 睡眠の質を上げる、理想的な“シャワー”の浴び方


湯船に浸かる時間がとれないシャワー派の人は、効率的な浴び方を見直して。

「15分ほど熱めのお湯で全身まんべんなく温めるのがポイント。シャワーの水圧によるマッサージ効果も。入浴後は温めた体を冷やさないようにしましょう」(脳腸セラピスト・桜華純子さん)

「お風呂の照明を消して脱衣所の光だけでシャワーすれば、眠りを促すメラトニンの分泌が促されるため、おやすみモードに入りやすくなります」(眠りとお風呂の専門家・小林麻利子さん)

よく眠るための、シャワー派の過ごし方

POINT1:40~42°Cのシャワーを10~15分浴びる。
「最初は42°Cの高めの湯温にし、全身が温まってきたら40°Cに下げてOK。頭や体を洗う時間を含め、水圧を体に当てている時間がトータルで15分が理想的。最後は30°Cくらいのぬるい湯を浴びると代謝がアップ」(桜華さん)

POINT2:頭頂部から足裏までまんべんなく浴びる。
「お腹やお尻、足先など全パーツにシャワーをしっかり当てることを意識して、体を温めましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.