くらし情報『松田翔太「現場ではセクシーな話ばっかりしてました(笑)」』

2016年9月1日 12:00

松田翔太「現場ではセクシーな話ばっかりしてました(笑)」

まつだ・しょうた1985年生まれ。主な作品に『LIAR GAME』シリーズ、『イニシエーション・ラブ』など。『オーバー・フェンス』(山下敦弘監督)が9月17日に全国公開予定

東京にいる密入国異邦人たちが、自分たちを守るために作り上げた秘密組織“裏都庁”。

そこにある警察組織“ディアスポリス”で働く、ただ一人の警察官・久保塚早紀の活躍を描いた人気ドラマ『ディアスポリス 異邦警察』が、独特できわどい世界観はそのままに『ディアスポリス‐DIRTY YELLOW BOYS‐』として映画化される。主役の久保塚を演じるのは、ドラマに引き続き、もちろん松田翔太さん。

「ドラマのときは1話分の撮影期間が短くて物足りないこともあったのですが、映画では作品を長く味わえたのが楽しかったですね。“裏都庁”や“異邦警察”が存在する、現実にはない世界を象徴する“モノ”が久保塚早紀だと思ったので、人物像はとにかくきちんと作ろうと。連続ドラマを撮影するなかでキャラクターが育ったこともあり、“こんなヤツがいる場所が裏都庁なんだ”という説得力は生まれたと思っています」

そして完成した、久保塚早紀とは。

「とてもフェアな男ですね。年齢や人種、肌の色がなんであろうと、彼にとっては“日本にいる人たち”で態度も変わらない。そのスタンスが好きだし、久保塚という役を演じたことを通して、彼の感覚を身につけたところもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.