くらし情報『坂本美雨「穏やかさも感じてもらえたら」ぬくもりのあるリアルな新作』

2021年10月13日 19:30

坂本美雨「穏やかさも感じてもらえたら」ぬくもりのあるリアルな新作

【音楽通信】第93回目に登場するのは、音楽一家に生まれ育ち、心が洗われるような美しい歌声をわたしたちに届けてくれる天性のアーティスト、坂本美雨さん!

母のお腹の中にいるときから音楽に触れる

目次

・母のお腹の中にいるときから音楽に触れる
・音、歌、呼吸、響きをていねいに封じ込めた新作
・「自分のなかの小さな女の子を輝かせていく」
・Information
坂本美雨「穏やかさも感じてもらえたら」ぬくもりのあるリアルな新作


【音楽通信】vol.93

16歳のときに「Ryuichi Sakamoto feat. Sister M」名義で歌手デビュー以降、本名で本格的に歌手活動をスタートさせた、坂本美雨さん。

その後は音楽活動に加え、ラジオパーソナリティ、執筆活動、ナレーション、演劇といった、さまざまなフィールドで活躍。「東京2020パラリンピック」開会式では、「パラ楽団」の一員として登場し、その美声を世界に届けました。

そんな坂本さんが、2021年10月20日にニューアルバム『birds fly』をCDリリースされるということで、音楽的なルーツなどを含めて、いろいろなお話をうかがいました。

ーー2021年8月24日から13日間開催された「東京2020パラリンピック」開会式では、式典のために特別に結成された「パラ楽団」のボーカルとして、坂本さんは澄み渡る美声でパラリンピック旗入場曲「いきる」を歌唱されていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.