くらし情報『自宅軟禁、盗聴、命の危機…韓国次期大統領を狙う政治家の波乱すぎる人生』

2021年9月16日 19:00

自宅軟禁、盗聴、命の危機…韓国次期大統領を狙う政治家の波乱すぎる人生

混乱する時代のなかで、失いたくないもののひとつは誰の心のなかにもある“信念”。とはいえ、それを維持し続ける難しさを感じている人もいるのではないでしょうか?そこでオススメしたい映画は、そんな思いに応えてくれる話題のヒューマンサスペンスです。

『偽りの隣人 ある諜報員の告白』

目次

・『偽りの隣人 ある諜報員の告白』
・イ・ファンギョン監督
・時代考証は、自分の記憶を頼りに行っていった
・理解できない出来事が多いことに驚かされた
・日本には、感性を刺激してくれる作品がたくさんある
・あらゆる感情が溢れ出すヒューマンドラマ!
・胸が騒ぐ予告編はこちら!
・作品情報
自宅軟禁、盗聴、命の危機…韓国次期大統領を狙う政治家の波乱すぎる人生


【映画、ときどき私】 vol. 413

1985年、次期大統領選に出馬するために帰国した野党政治家イ・ウィシクは空港に到着するなり国家安全政策部により逮捕。家族とともに自宅軟禁を余儀なくされる。ウィシクを監視するため、諜報機関は左遷されていても愛国心だけは人一倍強いユ・デグォンを監視チームのリーダーに抜擢することに。

デグォンはウィシクの隣に住み込み、24時間体制の監視任務を遂行。機密情報を入手するために盗聴器を仕掛けていたが、家族を愛し、国民の平和と平等を真に願うウィシクの声を聞き続けるうちに、上層部に疑問を持ち始める。その矢先、ウィシクと家族に命の危険が迫ろうとしていた……。

軍事政権が国民の民主化運動を弾圧していた1985年を背景に描き、本国・韓国でも大きな注目を集めた本作。そこで、見事な手腕で作品を完成させたこちらの方にお話をうかがってきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.