くらし情報『ぺこぱ“ツッコまない漫才”を生んだのは“プロポーズ”というネタだった!』

2021年10月3日 18:10

ぺこぱ“ツッコまない漫才”を生んだのは“プロポーズ”というネタだった!

相方のボケに「なんでやねん!」とツッコむ… 。そんな王道漫才のお決まりを軽快に飛び越えて、“ツッコまない漫才”で一世を風靡したぺこぱ。ボケを抱きしめるように受け止めるスタイルが生む、優しい笑いのヒミツとは。

“ツッコまない”が期待を裏切る!ボケを拾い抱きしめる優しい会話が生む笑い。

目次

・“ツッコまない”が期待を裏切る!ボケを拾い抱きしめる優しい会話が生む笑い。
・ぺこぱが選ぶ!松陰寺さんの名フレーズ4選。
ぺこぱ“ツッコまない漫才”を生んだのは“プロポーズ”というネタだった!


――否定しないツッコミという新しいスタイルで、今やメディアで顔を見ない日がないほど大人気となった、ぺこぱのお二人。ボケを優しく受け止めるツッコミが誕生したのは、2018年のことだった。

松陰寺:それまでも、他のコンビとはちょっと違うネタをやっていたのですが、まったく世に出るきっかけにならなくて。もっと違う形を模索している時に、ボケに対してツッコまずに受け入れるという形を見つけ、新しいと思いました。常に人に優しくありたい、否定ばかりする世の中が嫌だと思っていたわけではないんです(笑)。

受け入れるツッコミは理由、理論、共感が要。
ぺこぱ“ツッコまない漫才”を生んだのは“プロポーズ”というネタだった!


シュウペイ:そのネタを最初にやった時は、正直、笑いどころが理解できなくて。自分が知らないお笑いに出合ったからですけど、のみ込むまでに苦労したというか。相方はボケを受け入れているのに、僕はなかなか、この漫才を受け入れられませんでした(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.