くらし情報『結婚当日に“夫”と初対面…悩み多き王妃を癒した植物のアート』

2021年10月16日 18:00

結婚当日に“夫”と初対面…悩み多き王妃を癒した植物のアート

英国のシャーロット王妃が愛したアートが集まる展覧会が、東京・目黒にある東京都庭園美術館で開かれています。美しい植物の絵やウェッジウッドの陶磁器、さらに激動の時代を生きた王妃の人生もご紹介!

どんな展覧会?

目次

・どんな展覧会?
・花を愛したシャーロット王妃
・スキャンダルに悩まされ…
・おすすめのボタニカルアートは?
・Information
結婚当日に“夫”と初対面…悩み多き王妃を癒した植物のアート


【女子的アートナビ】vol. 224

『キューガーデン英国王室が愛した花々シャーロット王妃とボタニカルアート』では、キューガーデン所蔵の貴重なボタニカルアートコレクション約100点のほか、王妃が愛したウェッジウッド社の陶磁器なども展示。美しい植物画を見ながら、17~18世紀当時の歴史や時代背景なども知ることができる展覧会です。

キューガーデンとは、ユネスコ世界遺産に登録されている英国王立植物園のこと。ロンドン南西部に位置し、3万種以上の植物と、約1万4000本の樹木が植えられている世界を代表する植物園です。

キュー王立植物園が誕生したのは1759年。そもそもヨーロッパの植物園は、医療のための薬草園としてスタートし、それが植物園に変わっていきました。

17~18世紀には、イギリスやフランスなどの権力をもつ君主が植物学や博物学を重視。世界各地の珍しい植物を記録するため植物画家が起用され、ボタニカルアートも発展していきました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.