くらし情報『伊藤沙莉、映画には苦い思い出あり…おすすめの名作は“クレヨンしんちゃん”』

2021年10月15日 19:10

伊藤沙莉、映画には苦い思い出あり…おすすめの名作は“クレヨンしんちゃん”

「10代前半は映画に全然縁がなかった」。スクリーンへの憧れを抱き続けた彼女は、今や日本エンタメを代表する俳優に成長。そんな伊藤沙莉さんが思う名作映画とは?

監督や役者と意見を出し合う、その時間がとても幸せ。
伊藤沙莉、映画には苦い思い出あり…おすすめの名作は“クレヨンしんちゃん”


「数を観ているわけでも、過去の作品を遡って…というタイプでもないですが、観る立場で考えると、自分にとって映画はとても身近な娯楽です。自分の状況や気持ちに、作品がぴたっと寄り添ったときの感覚に出合うと本当に嬉しくて。また、昔はそんなにピンとこなかったけれど、時が経ってから観ると以前とは全然違う感情が生まれてくることもある。映画は、一緒に時を重ねることができる、そんなエンタメだと思います」

9歳でドラマデビューし、その後も子役として数々の名作に出演した伊藤沙莉さん。ただ昔の伊藤さんにとって映画は、少し苦い思い出のあるフィールドでもある。

「高校生になるまで全然縁がなかったんです。オーディションは片っ端から落ちるし、決まっても企画がなくなったり…。だから私にとって映画は、一生立ち入れないハードルの高い世界だと捉えていました。でも、大勢の人と一つの空間で同じ作品に集中する劇場ならではの感覚、そして人生をじっくり描き出すあの感じ、とてもいいじゃないですか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.