くらし情報『コンビ結成20年! ダイアン「楽しいばっかり」の芸人人生で“唯一の危機”とは?』

2021年10月15日 21:10

コンビ結成20年! ダイアン「楽しいばっかり」の芸人人生で“唯一の危機”とは?

滋賀の中学で机を並べた二人がコンビを結成。昨年20周年を迎え、脂がのった笑いを提供しているダイアン。東京進出して3年。じわじわと全国区に名を知らしめている彼らの、芸人としての軌跡に迫ります。
コンビ結成20年! ダイアン「楽しいばっかり」の芸人人生で“唯一の危機”とは?


――お二人が芸人で食べていけると感じたのはいつ頃でしたか?

津田篤宏:バイトを辞めた5~6年目あたりですかね。それでも生活はギリギリでしたけど、楽屋に行けば仲間がいて、学生ノリで遊んで毎日楽しいことばっかり。しんどさより楽しさの方が勝ってました。

ユースケ:ほんまのほほんとしてましたね。でも最初はみんな同じくらいの仕事量だったけど、徐々に差が出てきて。自分らはかなりヒマだったんで、そのへんから少し意識が変わった気がします。

――自分たちの強みや戦略のようなものは意識されましたか?

津田:同級生ならではの空気感が良かったのかもしれないですね。関係性を作る必要もなかったし。

――津田さんはYouTubeで、別の人と組むのは考えられないとお話しされていましたね。

津田:相方が違う人だったらなんて考えたくもないし、怖いです。

ユースケ:僕は他の人を見てみたいって気もあるんですよ。修業みたいに、そこで吸収したものをコンビに還元したいっていうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.