くらし情報『“台湾映画”の新潮流とは? 4人家族の崩壊と再生を描く受賞作も』

2021年10月17日 20:10

“台湾映画”の新潮流とは? 4人家族の崩壊と再生を描く受賞作も

ジャンル映画の隆盛など、バラエティ豊かな“台湾映画”に注目します!

「台湾映画には素朴な庶民目線の作品が多くありますが、それはホウ・シャオシェン監督やエドワード・ヤン監督が台頭し始めた’80年代からの系譜です」(日本映画大学学部長・石坂健治さん)

そんな台湾映画の真骨頂ともいえる家族を題材にしたヒューマンドラマは、今も良作揃い。

「『ひとつの太陽』は、中華圏を代表する映画祭『金馬奨』で作品賞など5部門を受賞」(台湾映画コーディネーター・江口洋子さん)

一方、そういったいわゆる台湾映画とは違うものが、最近、現地では盛り上がっているという。

「『セデック・バレ』のような大作も作られていますし、テーマも多様化しています」(映画評論家・くれい響さん)

「ゾンビものやサスペンス、ホラーなどジャンル映画に面白い作品がたくさんあります」(江口さん)

台湾映画の新潮流1:進化するジャンル映画の多様性
台湾といえば芸術映画や青春映画。と思いきや、今は他ジャンルもアツい!

『返校 言葉が消えた日』(2019年)

“台湾映画”の新潮流とは? 4人家族の崩壊と再生を描く受賞作も


台湾で過去にあった“白色テロ”を題材としたサスペンスミステリー。舞台は、国民党による政治的弾圧が行われていた’62年当時のある高校。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.