くらし情報『ホステスの仕事に戻りたい…「心のモヤモヤ」を抱えた時の意外な解決法 #212』

2021年10月18日 21:00

ホステスの仕事に戻りたい…「心のモヤモヤ」を抱えた時の意外な解決法 #212

「今だったらもっとうまくやれたんじゃないのか?」はわたくしなんかもずーっと思ってますよ。再デビューするなら、無口で控えめ「何考えてんだかわかんないけど、裏で相当なことやってるだろ、オマエは!?」タイプになりきって、口説かせまくって稼ぐって決めてますし。

さらには道端や電車で美女とすれ違うたび、「今の女性は銀座だったら老舗向き。今の女性は六本木の大箱向き」とか、組分け帽(©ハリー・ポッター)みたいなことしてますし、たまにそういうお店に遊びに行くと「あのお客さまには彼女じゃなくて、あの女性をぶつけるけどな〜」なんて、黒服目線の妄想をしたりしてますもん。でね、それがね、楽しいんですよ! めちゃくちゃ。

でもね、やらない。もう、あの世界には戻らない。それも決めてます。キラキラしてたのも確か。毎日おもしろかったのも確か。でも同時に、しんどかったのも確か。「水商売やめてカタギになりたい」と渇望してたのも確か。何人もの伝説のオーナーママやNo.1も含め、多くのホステスからもツラい思いと「カタギになりたい」願望を毎日のように聞き続けてきたのも確かだし、今の状況に満足しているから。

ただね、わたくしなんかは年齢を重ねてやるだけやったから悔いはないけど、ご相談者さまはまだ24歳でしょ?正直、ホステスとしてはこれから花開く最高の時期だから、元同僚がキラキラしてると複雑な気持ちになるのはすごーくわかる!

今、ご相談者さまがどういう状況かは存じませんが、ホステス辞めて結婚すると、たいていは自分自身の経済力がダウンして、欲しいものも買えなくなりがちですし。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.