くらし情報『「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛』

2021年10月28日 19:00

「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛

誰にでもある子ども時代の忘れられない思い出。その当時の経験がいまの自分を形作っていると感じることも多いのでは?今回は、そんな気持ちが蘇ってくる注目作をご紹介します。

『スウィート・シング』

目次

・『スウィート・シング』
・アレクサンダー・ロックウェル監督 & ラナ・ロックウェル
・ビリーの視点は、自身の幼少期と共通している
・映画の現場よりも、子どもと向き合う毎日のほうが挑戦
・「スウィート・シング」とは、子どもたちみんなのこと
・日本の映画は、潜在意識に刷り込まれている
・子ども心や喜びを再燃させてくれる作品になっている
・悲しみと幸福が入り混じったファンタジー!
・愛の詰まった予告編はこちら!
・作品情報
「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛


【映画、ときどき私】 vol. 424

普段は優しいがお酒を飲むと人が変わってしまう父と、家を出てしまった母を持つ15歳のビリーと11歳のニコ。頼る大人がいない姉弟は、お互いに支え合いながら暮らしていた。クリスマスの日、父がくれた思いがけないプレゼントに幸せを感じていたビリーだったが、両親が大ゲンカとなり、散々な1日となってしまう。

その後、父の入院をきっかけに母と恋人が暮らす海辺の家へと向かったビリーとニコは、少年マリクと出会い、友達になる。そして、ある出来事をきっかけに、3人は逃避行を始めることに……。

本作を手掛けたのは、米インディーズ映画の象徴的存在とされているアレクサンダー・ロックウェル監督。日本では、25年振りの新作公開となっており、話題となっています。そこで、こちらの方々にお話をうかがってきました。

アレクサンダー・ロックウェル監督 & ラナ・ロックウェル

「私に大きな影響を与えた日本人は…」米インディーズ映画界のアイコンが語る日本への愛


本作で、主人公のビリーを演じたラナ(写真・右)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.