くらし情報『衝撃レベルの美しさ…! 日本が誇る金魚絵師、深堀隆介の超絶技巧アートが上野に集結』

2021年11月28日 19:30

衝撃レベルの美しさ…! 日本が誇る金魚絵師、深堀隆介の超絶技巧アートが上野に集結

特に尾鰭の繊細さには目を見張るばかり。衝撃レベルの美しさです。

このような超絶技巧アートを手がけている深堀さんのご出身は、愛知県。1973年に生まれ、幼少期には日本一の金魚産地で知られる弥富市の金魚を見て育ったそうです。愛知県立芸術大学を卒業後、会社勤めを経てアーティストに転身。2000年から金魚をモチーフにしたアートを制作され、作品は国内だけでなく海外でも高く評価されています。

今回、深堀さんに作品制作の詳細や展覧会への思いについて、語っていただきました。

絵が動き出した…!

衝撃レベルの美しさ…! 日本が誇る金魚絵師、深堀隆介の超絶技巧アートが上野に集結

深堀隆介さん。後ろに見えるのは、深堀さんが描いた平面の金魚作品。

――深堀さんの作品は、本当に驚くほどリアルです。樹脂の上に少しずつ絵を描く独自の技法“2.5Dペインティング”(積層絵画)を使われているとのことですが、なぜ従来の絵画ではなく難しい技法にチャレンジされたのですか?
深堀さん僕は平面でも描きますが、自分だけの技法が欲しいと思っていました。芸術の世界は群雄割拠しているので、自分の十八番のような芸がないと生き残れません。

実は以前、樹脂工房で働いていたことがあるので、役に立つかもと思い、余っていた樹脂を器に半分入れて固め、その上にアクリル絵具で絵を描いてみたのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.