くらし情報『三代目JSB小林直己「仕事を始めて一番大きな壁でした」 コロナ禍での想い』

2021年11月27日 21:20

三代目JSB小林直己「仕事を始めて一番大きな壁でした」 コロナ禍での想い

10周年イヤーも大詰め。「人類みなBROTHERS」を目標に掲げ、今後10年に向けた意気込みを見せる三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。今7人が抱く未来のビジョンについて伺いました。ここでは、小林直己さんのインタビューをご紹介します。

小林直己「三代目は夢を叶える場所で、ホームです」
三代目JSB小林直己「仕事を始めて一番大きな壁でした」 コロナ禍での想い


僕にとっての三代目は、メンバーといろいろな夢に挑戦できた場所であるとともに、個人としての挑戦をした後に帰ってこられるホームでもあります。もし、一人だけで活動をしていたら、状況や考え方も変わっていただろうし、この世界に今もいるのかなと思うこともあります。コロナ禍で公演ができなくなったことは、僕にとって心の軸を失うような出来事で、戸惑いや不安を覚えたし、仕事を始めて一番大きな壁でした。そんな時もグループという存在に支えられました。また、同時に、パフォーマンスを披露するという当たり前だと思っていたことが、どれだけかけがえのないものだったかということにも気がついた。受け取ってくださる皆さんがいるからこそ、自分は表現ができるんだなと。感謝の気持ちが何倍にも大きくなり、新しい自分を見せるための挑戦を、諦めずに続けていかなければいけないなと改めて感じました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.