くらし情報『ハマリ役? 電撃結婚の上野樹里が映画で「親と同居」 』

2016年10月5日 22:00

ハマリ役? 電撃結婚の上野樹里が映画で「親と同居」 

映画『ロマンス』『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督が中澤日菜子の同名小説を映画化。20歳年上の恋人と暮らす娘とその父親の同居生活を描く。配給/ファントム・フィルム。10月8日より新宿バルト9ほか全国公開。(C)2016 中澤日菜子・講談社/映画「お父さんと伊藤さん」製作委員会

進学、就職や結婚を機に、子どもが生まれ育った家を出ても、親子の絆は永遠。実家に帰るたび、親の老いを実感し、ふと将来の介護問題に思いを巡らせる人は多いはず。

そんなある日、突然、親との同居を迫られたら!? 娘とお母さんなら簡単に共通点が見つかりそうだけど、頑固極まりないお父さんと同居する羽目になったら、あなたはどうする!?

映画『お父さんと伊藤さん』は誰もが直面する問題に向き合った家族のドラマ。主人公は、本屋でバイトする34歳の独身女性・彩。20歳年上の恋人・伊藤さんと同居し、つつましくも充実した日々を満喫中。ところが、ある日、彩が帰宅すると、“ただいまくらい言わんか!”と、聞き覚えのあるお父さんの声が。

お父さんは兄夫婦と同居していたものの、お嫁さんが自分のせいで精神不安定になったことを気にして、彩のところへやってきたのです。とにかく口うるさいお父さん。元教師だけに知識が豊富で、楽しい食卓も議論の格好のネタ。とんかつにかけるソースはウスターではなくウースターだと言って譲らない(実際、イギリスの元祖ウスターソースの英語表記をカタカナにすると、ウースターになる)。彩の恋愛や仕事にも不満タラタラ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.