くらし情報『時間コストがインフレに? “新しい働き方”を紐解く3つのキーワード』

2022年1月6日 20:00

時間コストがインフレに? “新しい働き方”を紐解く3つのキーワード

コロナ禍の影響で、テレワークが一気に普及。そのため、2020年に“働き方のパラダイムシフト”が明確に起きたと、働き方改革に詳しい白河桃子さん。

「それまでは働く場所と時間が固定されているのが当たり前でした。しかしやむを得ない事情により、半ば強制的にテレワークの導入が進み、働き方の多様化が一気に加速。新しい働き方を経験し、行動が変化したことで、私たち自身に起こったのが“意識変容”です」

持続可能なキャリアを形成していくために、いま本当に大事にすべきことが何なのかを誰もが考え始めた。それに伴い、ワークライフバランスを見直したり、地方移住を検討したり、副業を含め、職業選択の幅を広げ、柔軟な働き方を求める傾向が強まった。

「時間や場所を選ばずに働けるようになったことで、誰もが自分の時間を大切にするようになりました。その一方で、オンライン化が進み、さまざまな人と交流できる機会が増えたのも事実。だから人とつながりを持つ時には、他人の時間も大切にすることが、今まで以上に重要になってきています」

働き方における「新しいつながり方」を理解するための3つのキーワード!

Keyword1:時間コストのインフレーション。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.