くらし情報『永瀬正敏「日本の引きの美学は通用しない」海外で活躍し続ける理由』

2022年2月17日 19:30

永瀬正敏「日本の引きの美学は通用しない」海外で活躍し続ける理由

「禁断の小説がついに映像化」として注目を集めている話題の1本といえば、まもなく公開を迎える日・台合作映画『ホテルアイリス』。そこで、主演を務めたこちらの方にお話をうかがってきました。

永瀬正敏さん

目次

・永瀬正敏さん
・意識していたのは、答えを出さない芝居
・台湾の人たちは、切り替えるのがうまい
・海外の現場で大事なのは、積極的に関わること
・これまで味わったことのないジレンマを感じている
・女性のみなさんがどう感じるかがこの作品の“肝”
・インタビューを終えてみて……。
・欲望の果てまで溺れてしまう
・ストーリー
・胸がざわめく予告編はこちら!
・作品情報
永瀬正敏「日本の引きの美学は通用しない」海外で活躍し続ける理由


【映画、ときどき私】 vol. 457

小川洋子さんによるエロスが描かれた同名小説をもとにした本作で、ロシア文学の翻訳家として孤島に暮らす謎めいた男を演じる永瀬さん。劇中では、ホテル・アイリスを手伝う若い娘マリと繰り広げる倒錯した愛とゆがんだ欲望に堕ちていくさまを見事に演じ切っています。今回は、台湾での現場の様子や海外で活躍し続ける秘訣、そして自身にとって欠かせない存在について語っていただきました。

―まずは、出演の決め手となったものから教えてください。

永瀬さん僕が若いころはこういうタイプの映画がけっこうあったので、自分もいつか出られるといいなと以前から考えてはいました。それがこのタイミングできたこと、そして役者として幅が広がることがすごくうれしいなと感じたのが最初です。

ただ、原作の翻訳家は僕よりもさらに年上の設定。特殊メイクをしたり、白髪を増やしたりするような作り込みをしてやるべき役ではないなと考えていたところ、映画では原作よりも年齢を引き下げたいと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.