くらし情報『『愛なのに』で共演・瀬戸康史&さとうほなみ、愛し合うシーンでの監督の指導に驚愕!?』

2022年3月6日 18:40

『愛なのに』で共演・瀬戸康史&さとうほなみ、愛し合うシーンでの監督の指導に驚愕!?

まっすぐで不器用な想いがすれ違う…。映画『愛なのに』に出演する瀬戸康史さんとさとうほなみさんが表現する、焦がれる恋愛模様とは。

想いに焦がれ、交差する愛の関係。

目次

・想いに焦がれ、交差する愛の関係。
・映画『愛なのに』に見る、焦がれる気持ちポイント
『愛なのに』で共演・瀬戸康史&さとうほなみ、愛し合うシーンでの監督の指導に驚愕!?


明確な理由はないけど好き。それこそが人間らしい。
手に入らない誰かを想うような、切なく、ドラマティックな表情を見せてくれた俳優の瀬戸康史さんと、さとうほなみさん。映画『愛なのに』で共演するお二人に、作品のことや、“焦がれる気持ち”についてお話しいただきました。

――瀬戸さんは、女子高生に片想いをされる古本屋店主の多田を、さとうさんは、婚約者に裏切られる一花を演じています。

瀬戸:多田は、同じような毎日を繰り返しながらも、それが不満なわけではない人物。きっと、仕事や性に対する欲みたいなものが少ないのかもしれません。平和主義者なところがあるので、高校生の岬ちゃんに対しても、はっきりと「無理」と言えない。

さとう:“押せばいける”と思わせる感じがありますよね。でも、ただ優しいだけじゃなく、自分を持っていて、まっすぐです。だからこそ、面倒くさいことに…。

瀬戸:客観的に見ると面白いけど、当事者だったら抜け出したいと思うだろうな(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.