くらし情報『Rin音「夢は追いかけたほうがいい」Z世代に人気の新世代ラッパー登場』

2022年4月21日 19:00

Rin音「夢は追いかけたほうがいい」Z世代に人気の新世代ラッパー登場

【音楽通信】第109回目に登場するのは、10代、20代を中心に絶大な人気を誇る、福岡発のヒップホップシーンの新世代ラッパー、Rin音(りんね)さん!

ラップバトルを観たのがきっかけでラップを始める

目次

・ラップバトルを観たのがきっかけでラップを始める
・オバケの噂話をテーマにしたアルバム
・「やっていて楽しいな」と思える活動を目指す
・Information
Rin音「夢は追いかけたほうがいい」Z世代に人気の新世代ラッパー登場


【音楽通信】vol.109

18歳からラッパーとしてのキャリアをスタートさせ、数々のMCバトルを総ナメにしてきたRin音さん。さまざまな言葉で織り成すリリックは、リアルでエモーショナル。10代、20代を中心に、絶大な人気を誇っています。

ヒップホップシーンの新世代ラッパーとして注目を浴びるなか、2020年2月に配信した「snow jam」がTikTokから大ヒットし、『第62回輝く! 日本レコード大賞』の「新人賞」を受賞。リリースした楽曲のストリーミング総再生回数は3億3千万回を突破しました。

そんなRin音さんが、2022年4月20日に2ndアルバム『cloud achoo(クラウドアチュー)』をリリースされたということで、お話をうかがいました。

――小さい頃や学生時代は、どんな音楽を聴いていましたか。

子どもの頃は、親がドライブ中にかけていたRHYMESTERさんやKICK THE CAN CREWさんといった日本のヒップホップを聴いていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.