くらし情報『AIロボットと暮らすことで心に変化が? 益田ミリ『ミウラさんの友達』で描くもの』

2022年3月22日 18:10

AIロボットと暮らすことで心に変化が? 益田ミリ『ミウラさんの友達』で描くもの

姉と弟のふたり暮らしを描くコミック「僕の姉ちゃん」が好評連載中の益田ミリさん。新刊『ミウラさんの友達』では主人公とロボットのふたり(?)暮らしが題材に。果たして益田さんが描くそんな“最先端の暮らし”とは!?

益田ミリさんが描く、人とロボットのやさしい“最先端の暮らし”。
昨年、7年ぶりに描きおろし作品『スナックキズツキ』を発表し大きな話題を呼んだ益田ミリさん。最新作の『ミウラさんの友達』は、ふとしたことからAIロボットと暮らすことになった女性、ミウラさんの日々を描く。そもそもロボットを題材にするようになったきっかけは?

「“ロボット”はいつか描いてみたいテーマのひとつでした。ドラえもんはもちろん、子供のころから物語の中のロボットたちに親しんできて、未来にはロボットの友達ができるかもしれないと夢見てました」

一人暮らしでプログラマーの仕事をしているミウラさん。ランチの注文がうまく発声ができないほど無言が続く仕事環境の中で、大切な友達とはふとした行き違いから関係がうまくいかなくなり、思い悩む日々。

そんな中、ある日、不動産屋さんで、入居者の部屋を飾るアートのひとつとして「トモダチ」という名の女性型ロボットを紹介される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.